野菜の煮物

高血圧とは、血圧が高い状況が続き血管を痛めつける生活習慣病の一種です。
放っておくと脳梗塞や心臓病などの血管に関する病気を引き起こす原因にもなるため、速やかな改善が必要となります。
その改善方法は、血圧を上げる原因であるナトリウムを避ける生活を送ることです。
食事療法で減塩を心がけ、たくさん汗をかいてナトリウムを体外に出すために汗をかくほどの運動を心がけることが大切です。
継続するとなると周りの協力も必要となります。

普段の食事は大変
特に男性の場合、単身赴任であったり、食事を作ってくれる妻も働いていて、中々減塩に気を付けることが難しい状況にあります。
検診や何か風邪で病院にかかったときに、血圧が高いことは毎回言われて気にしてはいるものの、仕事で疲れているとつい外食や高カロリーの宅配弁当で済ませがちになってしまいます。
また、ストレスを感じると辛い、しょっぱいという味に対する感覚も鈍るため、塩分を含んだ調味料をかけすぎてしまう傾向もあります。

お弁当を上手に利用
そこで上手に利用したいのが、病気に合わせた食事を提供する体に優しい宅配弁当です。
ファミレスで提供するような大盛りで塩分の高い宅配弁当とは違い、減塩とカロリーに注意したものとなります。
塩分を控えると薄味になってしまい食べた気がしませんが、専門業者では、だし汁などを上手に使っているため十分な満足感が得られます。
宅配弁当の業者によっては、おかずのみ提供するところや冷凍で提供するところもあるため便利になってきています。
食事療法に上手に活用したいものの一つとなっています。

ポトフ

高血圧の原因は、遺伝的要素を除き、塩分過多・運動不足・肥満・喫煙などの生活習慣が原因となっています。
塩分を摂取すると、体は血中の塩分濃度を一定に保とうと、血中の水分量を増やします。
そうすることで体内の血液量が増加するので、血圧の上昇へとつながります。
運動不足や肥満の人は、血液はいわゆる「ドロドロ」の状態である傾向にあります。
心臓はより強い負荷をかけて血液を送り出さなければならないので、血圧が高くなります。
またニコチンは血管を収縮させるので、血圧上昇の原因となります。

食事療法について
高血圧の治療の一つは、食事療法です。食事療法の基本は、減塩です。厚生労働省は高血圧患者の一日の食塩摂取量は、6グラム未満を推進しています。
日本人の平均摂取用は11~12グラムなので、ほぼ半分に減らさなくてはいけません。自分で料理する場合は、調味料を減らしダシを活用するなどの工夫をする必要があります。
最近では、高血圧患者の増加によりニーズが高まったことから、宅配弁当で食事療法をすることができるようになりました。
一日の塩分量を6グラム以下に抑えて、栄養バランス良くできています。

高血圧と近年
高血圧とは、近年の社会的な現象としてしばしば健康ニュースなどに取り上げられている疾患の一つとして知られています。
それは運動不足などによって起こる肥満や動脈硬化そして、先天的な身体的疾患などによるものなどがあります。
その様な状態になってしまうと心臓や脳などの血管に負担がかかってしまい、脳卒中や動脈破裂などのことになってしまうと言うことがあります。
そのために、近年は高血圧を早めに解消しなければならないと言われています。

食事療法とは
様々な疾患などの治療の際に使われている療法の一つとして食事療法と言うものがあります。
食事療法とは、食事の内容を改善することによって解消または治癒する可能性の高い病気などの治療時に使われる手術や薬物などの療法と併用して行われる治療方法となっています。
特に、近年は糖尿病などの生活習慣病の治療に多く使用されており、薬物や手術などの効果をより良く引き出すための療法の一つとして世界的に使用されている方法となっています。

宅配弁当で健康維持
近年は、ファストフードなどの外食産業がとても盛んになったことによって家でご飯を作らずにお店などで食べると言う人がとても多くなっています。
しかし、その様なことは健康に悪いことであり、長く続けていると健康上に支障をきたしてしまうと言うことも起こってしまいます。
そのために、近年は宅配弁当と言うものがあります。
宅配弁当とは食事療法などの際に使われているものであり、病気の治療中にバランスの取れた食事を宅配弁当で摂ることが出来ると言うものです。
これは医療機関でも食事療法の一環として使用されているものの一つとなっています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930